リターナブルびんの話 空きびん商百年の軌跡

*
*
*
*
*
*
*
*
商品検索

新刊
新刊

書籍
一般書籍

バックナンバー
季刊「リサイクル文化」〜生態系との融和をめざすオピニオン誌
リサイクルショップガイド

HOME 書籍一覧 一般書籍一覧 商品詳細
買物カゴを見る
リターナブルびんの話 空きびん商百年の軌跡

商品名: リターナブルびんの話 空きびん商百年の軌跡
商品番号: B025
著者: 戸部 昇
販売価格:

\1,500

消費税: \120 (外税)
規格: A5判 2006/2/20
頁数: 206頁

商品詳細
目次

序章リターナブルびん入門
 液体容器の原点 

初代戸部初五郎 煎餅茶屋からの起業
 生まれは江戸川河岸のまち
 煎餅茶屋から時代をウオッチ 
 ガラスびん回収ビジネスを立ち上げる 

二代目戸部庄吾 勤勉実直な仕事ぶりで官需を得る
 相場を読む商い 
 二代目は石炭屋の奉公人からスタート 
 石炭屋の経験を生かして官需に応じる 
 くず物建場で戦時を乗り切る 
  本格化する資源リサイクル 
  焼酎を振る舞って買い子を集める 

三代目戸部栄二 「家業」を「社業」に変革して成長の時代へ
 苛性ソーダで石鹸づくりからのスタート 
 再度官需に救われる 
「家業」から「社業」へ 
  仕入れ先の拡大 
  労働条件の近代化を進める 
 洗びん需要に応じて機械化 
  「ネジ口」びんを関西に売る 
  「まるしょうびん」問題 

四代目戸部昇 総合リサイクルビジネスを展開
"試雇期間"は関西営業所の再建 
  お酒屋さんを開拓する 
  慢性的赤字体質との戦い 
 「白ナンバー」トラックで痛い目に 
  関西からの撤退 
 ガラスびんクリーニング事業を立ち上げる 
  調味料メーカーに売り込む 
  高く評価された公害防止投資 
 液体容器多様化の時代が始まる 
  省エネとライフスタイルの変化 
  洗びん機の開発に取り組む 
 自治体から押し寄せた空きびんの洪水 
 「資源化行政」への協力 
 「キューポラのある町」のリサイクル事業 
  人手が確保できなければ経営者失格 
「朝礼」を取り入れて生産性がアップ 
  焼酎ブームで需要が急増 
 「倫理研究所」との出会い 
 障害者のマンパワーを生かす 
 第二次ごみ戦争と"ごみ白書"の時代 
  ごみの計量マスになった東京ドーム 
  使い捨て時代の"ごみバブル" 
「循環型社会形成推進元年」西暦二〇〇〇年からの出発 
 「3R」進める法体系の整備 
  容器包装リサイクル法の見直しに期待 
 高コストリサイクルの問題をどう克服するか 
 「一升びん回収非常事態宣言」 
 「より安く、大量に」 
  税金を食うリサイクル 
「活きびん維新」に取り組む全びん連 
  リサイクルの前にリユースを 
  高まる維新の波 
「地域」から始まったリターナブルびんの新たなシステム 
  リサイクル率は高まったが…… 
  南九州地区でリターナブルびんリユース事業が始まる 
  先行した生協の挑戦 
  地域から全国へ 

五代目戸部智史 環境総合コンサル業の展開へ
 国際環境規格の認証をスピード取得 
 日本、美しく変身 
注文数
注文数を入力し、押して下さい
このページの先頭へ
HOME 書籍一覧 一般書籍一覧 商品詳細
買物カゴを見る